ますみつ消化器科

クリニックの理念と基本方針

季節の画像

ますみつ消化器科は、約20年前に内視鏡専門クリニックを立ち上げました。
当時は、全国的にも専門クリニックは極めて少なく、地元医師会の役員からもパイロット的で成功するかどうか危ぶまれていました。
その後専門性を求める患者さんも増加し、先進の設備を取り入れ続けることで、多摩地域を中心として一定の評判を得ることができました。
10年前からは、画像保存の電子化・過酢酸による内視鏡洗浄・電子カルテ化、拡大内視鏡・NBI内視鏡(狭帯域可視光線内視鏡)・キャップ法による大腸低送気挿入法など、新しく開発された技術のなかで検査を受けられる方に有益な方法だけを毎年のように取り入れてきました。
本当に必要なものだけを取り入れて、クリニックの専門性を発揮することに今まで努めてきました。今後もこの姿勢は頑固に貫きたいと思っております。

ますみつ消化器科 院長 益満 博

クリニックからのお知らせ

2021.12.01

年末年始の診療日時のお知らせ:
12月27日(月)午後より1月5日(水)まで休診
当クリニックご利用の患者さまには、大変ご迷惑をおかけいたします。 ご了承の程、よろしくお願いいたします。

2021.04.25

診療時間変更のお知らせ:コロナ禍のため、診療は予約制になっています。
診療時間は午前9:30から12:00、午後は13:30から17:00までとなっております。
診療をご希望の方は、お電話にて予約の上でご来院ください。

2020.06.05

新型コロナウイルスの蔓延で中止しておりました内視鏡診察を、6月17日から再開いたします。
新しい感染予防のシステムのもと、より安全な診療を心がけておりますので、安心してご来院ください。

2019.04.12

本年から、胃カメラの苦しさを軽減するために新型のマウスピースの使用を開始しております。また、嘔吐反射の強い方のためには新しい麻酔剤を導入しております。



since 1998/09/16